津島市中地町の戸建て住宅の内見行って来ました

津島市中地町 中古戸建て

先日、仲介物件のご紹介頂いている津島市中地町の
中古戸建て住宅の内部見学させて頂きました。

昭和35年建築で57年を経過し、
ある程度の想像をしていたのですが、あまりの綺麗さに驚きました。

平成21年の改修工事歴があるのですが、かなり大掛かりな工事をされています。

玄関・外壁・床・壁・天井・水廻り設備・・・

ほとんど新しくなっています。

建築当時の昭和35年といえばまさに私が生まれた頃
まだ、そんなに裕福な時代ではないと思うのですが、

和室の仕上げ材、建具・床の間・・ 土台、柱・・・

私も大工として懐かしくなりました。
どれをとっても現在では入手困難なものばかりです。

和室の主要な部分は、できる限り昔をそのまま生かして
リフォームされていたので、うれしくなりました。

以前私は、
築85年の家(昭和5年建築)
築55年の家(昭和36年建築)
のリフォームをさせて頂きましたが、

やはり昔と今は骨組に使う材料が違う為
まだまだ使えるのです。

木曽ヒノキの強さには驚きました。

最近よく使われる材料
果たして大丈夫?

「以前の所有者様の為にもまだまだ大切に使って頂きたい」

そんな気がしています。

詳しくはこちらへ 津島市中地町 売り戸建

コメント


認証コード6620

コメントは管理者の承認後に表示されます。