始めにご挨拶

立松尚人
資格
 2級建築士
 愛知県応急危険度判定士
 愛知県木造住宅耐震診断員
 住宅省エネルギー設計技術受講者
 宅地建物取引士
 不動産キャリアパーソン

家を建てる方、ほとんど皆さん初めではないでしょうか。苦労することばかり考えてしまい、資金面、工務店選び、土地探し、間取りや設計等、どう行動すればよいのか解らない事ばかりで、なかなか前進しない現実にお悩みのことではないでしょうか?

私も30歳台後半で土地探しから自分で家を建てた一人として、その経験を踏まえたアドバイスをおこない、お客様と一緒になって解決していきます。

また、大工としての目線や普段見ることができない部分、家づくりの重要なポイントを、独自の体験談等を交えながら、丁寧に説明して参ります。


届出許可
 2級建築士事務所 愛知県知事登録(ろ-24)第6015号
 建設業許可 愛知県知事(般-24)第67139号
 宅地建物取引業 愛知県知事(1)第22453号
所属
 愛知建築士会 正会員
 愛知県宅地建物取引業協会 正会員
 全国宅地建物取引業保証協会
加入
 (株)日本住宅保証検査機構(瑕疵担保責任保険)
 (株)住宅あんしん保証(現場工事保険)

立松尚人のプロフィール

幼少時、大工だった父の横でやカナヅチで釘を打ち付けて遊んでいました。特に電気カンナから出るカンナクズが不思議で何時間も見ていた事を覚えています。

今では手キザミによる加工は少なくなりましたが、私が大工になった頃は、木曽桧の大黒柱や丸太ばかりを使った家が多く、直径60センチ程もある長い地棟丸太の樹皮の皮ハギや、チョウナとマサカリで面をつける作業は大変きつかったですね。

建築科を卒業後、父に「3年間は黙ってついて来い」と言われて始めましたが、仕事の面白さが判ってくると、徐々に完成していくことが楽しくなっていきました。

建設会社の下請け大工で働いた頃、手間賃と使用材料、設備機器等から、これでお客様に対し「一生の買い物」と言えるのか疑問を感じ、NTホームを立ち上げました。土地探しからお客様のサポートができるよう不動産業の免許をとり、現在でも大工として現場で汗を流しています。

責任感の強かった父の下で多くを学び、鍛えられた事は決して忘れることなく、今の自分があることに感謝と恩返しの気持ちを込めて、毎日取り組んでいます。
昭和36年名古屋市生まれ 昭和48年津島市に転居

趣味 、性格など

アコースティックギターや音楽が好きで、サイモン&ガーファンクル・山下達郎をよく聞いています。また、神社、仏閣へ行く事も好きで、たまに旅行に行く時は、必ず有名地を最初に訪ねます。心が安らぎ、穏やかな気持ちになれますね。
性格は超まじめ人間ですが、人一倍涙もろい弱点あり。(笑)
自分に責任を与え、他人を頼らずに自分で勉強して成し遂げないと気が済まないタイプです。
ブログ

アクセス

津島市役所より北へ徒歩3分

津島市立込町2-100-4
TEL 0567-58-3550
FAX 0567-58-5618
お問い合わせ