安八郡B様邸新築工事

お客様の主なご要望は「耐震」「長い軒」「外壁は吹付仕上」「木の温もり」「珪藻土」「畳コーナー」でした。
建て替えによる新築です。外壁のひび割れを防ぐために下地材にダイライト面材耐力壁を張ってから大壁サイディングとして肉厚は約6mmのジョリパット仕上にしました。南側の長い軒は窓面から1.5mで雨が降り込むことも少なくなっています。床材はナラの無垢フローリングで壁は珪藻土クロスとしました。耐久性の高い桧の柱、土台に杉の間柱を使った健康住宅です。地盤改良工事は鋼管が入った柱状改良で地震時の横折れも防ぎます。強いべた基礎の鉄筋は15センチ間隔に組んでいます。耐震壁の量とバランスともとれた耐震住宅です。

南面は1階2階とも1.5mの長い軒先で少々の雨でも降りこみません。

北面

auto-4pIjZa.08.33.jpg

auto-WYbZLS.08.07.jpg

店舗

国産桧の芯付土台です

べた基礎 15センチ間隔に組みます

屋根の下地材もヒノキ板です

2階バルコニー 軒裏は約1.5mで雨が降り込むことは少ないです。杉の羽目板天井にしました。

オビ杉は国産材の中では最も水に強い木材です。