太陽光発電

2020年までに新築住宅では必須の時代へ

2015年、新しい省エネ基準が施行され、2020年までには全ての新築住宅で義務化されます。既に2017年4月より2000㎡以上の住宅以外で義務化が決まっています。従来の外皮計算は主に外側の断熱性能だけでしたが、新しく、建物の中で消費する換気、空調、照明、給湯等の一次エネルギー消費量から太陽光発電で賄う量をマイナス計算し、建物と設備機器を一体化して評価する方式へと変わります。

  • ZEHの普及を促進する
    「経済産業省は2020年までに新築住宅の半数以上でZEHにする」目標を掲げました。太陽光発電は実質的には必須の時代になっていきます。

進化続ける太陽光

再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電は毎年、性能、耐久性とも向上しています。発売当初の1980年ではセルの変換効率は10%程度でしたが、現在では25%を超え(パナソニックHITは25.6%で1位)るようになりました。

今後も更に発電効率や経年劣化対策は進化をし、省エネ住宅の促進により需要は増えコストは下がることでしょう。

売電価格28円

NEW
2017年度の住宅用売電価格は1kwhあたり28円(2016年度は31円)
10kw未満(余剰買取)
出力制御対応機器設置義務なし(中部電力管内)
買い取り期間10年

2018年度 26円
2019年度 24円
経済産業省より発表されました。

25年の無償長期保証 

パナソニック「HIT245αプラス」は太陽電池モジュール、周辺機器まで長期保証
HIT245αプラスはこちら

<クリックで拡大>パナソニックHIT244α

<クリックで拡大>パナソニックHIT244α

シリコン系のパネルは高温に弱い欠点がありますが、最新のパナソニックの「HIT」独自のハイブリッド構造で高温時の出力ロスを減らし、25年の長期出力保証が付いて経年劣化にも強くなっています。面積(㎡あたり)でもシステム容量(KWあたり)でも発電量がトップクラスで同じ面積の屋根ならよりたっぷり発電でき、限られた面積を最大に活用することができます。

現行より80%以上の削減も可能になる場合がありますのでお試しください。
エコキュート・IHの組み合わせで光熱費を大幅削減も可能です。

  • 実例
    オール電化 2人家族 南向き太陽光3.9kw 余剰買取
    毎月電気料金:約5,000円
    売電収入毎月:約10,000円

各自治体の現在の補助金額はコチラ
他社製品も取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。