畳を桧の無垢フローリングにして段差を解消しました。

ダイニングキッチンに隣接する6畳間ですが、畳と下地は撤去し床の段差を無くして桧の無垢フローリングを張りました。床下が土でしたので、土壌処理材を敷設しシロアリ防除剤も散布の上、床下断熱材を入れています。従来の入口の片引戸部分が構造的に問題がある事が分かり、12センチ角の桧の柱を立ててしっかりと補強を行っています。壁には桧の羽目板を使った腰壁和紙のクロスを採用しました。建具は、安全に配慮し、アクリル板を使った木曽桧のドアです。

桧の床は裸足で歩くと暖かくて気持ちがいいですね。
ドイツ生まれの健康床ワックス「アウロ」を塗りました。

木曽桧のドアと腰壁の上は和紙クロスです。

右側引戸の反対側がDKです。

ガスファンヒーター用に床にガスコックを付けました。

床ワックスを塗る前です。

ワックスを塗るとシミや汚れも付きにくいですね。

自然塗料のアウロ、普段は簡単なモップ掛けでOK。