耐震診断員

先日、愛知県木造住宅耐震診断員登録証の発行を受けました。
昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅(在来工法・伝統的工法)は市町村が行う無料の耐震診断を受けることができます。

愛知県の耐震診断を受けられた件数は東日本大震災の後、約3倍増加しましたが、その後は再び減少傾向で年間600件程度しかありません。

住まいの現状を知っておくことが、地震から身を守ることにつながっていきますので、対象住宅にお住まいの方は是非、利用してほしいと思います。

平成29年度は津島市の場合、『木造住宅無料耐震診断』の結果、判定値が1.0未満となった住宅で、耐震改修の結果、判定値が+0.3かつ1.0以上になることが認められたものに限り、耐震改修工事に要する費用に対し、1戸当たり90万円を限度に補助金が支給されます。

    コメント


    認証コード5130

    コメントは管理者の承認後に表示されます。