スジカイに開けられた穴

スジカイに開けられた穴

あるリフォームさせて頂いた時のことです。
既設の壁を撤去したところ、信じがたい光景を見ました。

大切なスジカイに大きな配管の穴が開けられているのです。

新築の場合、通常はスジカイが取り付けられた後に水道業者が給水の配管を行うので、
この水道屋さんは知っていて穴をあけたという事になります。

少しでも良心があるなら穴の位置はずらしていたでしょう。
ずらせない理由があったのなら、スジカイを反対側の面に入れ替えるなり、方法はあります。

もしかしたら監督さん、大工さんがそこに開けろと言ったかもしれませんが、
余りに不親切、非常識極まりないですね。

リフォームをさせて頂く時、
良い仕事、悪い仕事、どんな仕事がされているのか必ずお客様へ伝えます。

リフォームしたからこそ発見できたことで、私が報告しなかったらお客様は解らなかったかもしれません。この様なケースでは、見て見ぬふりをするリフォーム業者が多くあります。

また、同じようなケースとしてエアコンの取付などで、家電屋さんが、壁に穴をあけるときにスジカイを切ってしまい、トラブルに発展することもあるようです。

当然ながらこの壁の補強も行い、お客様に安心を与えることができて良かったと思っています。

キレイにするためだけのリフォームではないのです。
人が住む場所、思いやりが大切です。
思いやりのリフォーム

コメント


認証コード3173

コメントは管理者の承認後に表示されます。